自分がヘルニアか調べる方法

本日は、自分で腰のヘルニアかどうかを調べる方法をお話いたします。

ご紹介するのはあくまでも簡易的な方法で、該当する項目が多ければ多いほどヘルニアの可能性が高いということですので、該当する項目が多い方で心配な方は、大きな医療機関で検査していただくことをオススメいたします。

 

まず1つ目です。

ソース画像を表示

このように、お尻や足に痺れや痛みが出ている方

ヘルニアが起きている場所によって症状の出方が違うため、このように様々な場所に症状が出てしまうというわけです。

 

2つ目は、前屈をすると痛みや痺れが走る方

後屈をして同様の症状が出る方は、違う疾患の可能性がありますので、そちらも要注意です。

 

3つ目は、足の指を反る力が弱い方

これは、左右で差がないかを確認してください。

5本の指それぞれをやるようにしてください。

出来れば自分以外の誰かに、反らせる指以外の指を押さえてもらうと、より分かりやすかと思います。

 

4つ目は、足の指や足の甲に、触った感覚が鈍い所がある方

撫でるように触った際に、触られている感覚が鈍くなっているところがあれば、要注意です。

 

最後の5つ目は、SLRテストという検査法です。

これは、私も施術の前の確認の際に使う、極めて有効かつ精度の高い方法です。

ソース画像を表示

このように、膝を伸ばした状態で脚を上げてもらいます。

ヘルニアであるならば、脚に痺れが走ることがあります。

ただし、このやり方は症状によっては激痛が走ることがありますので、ゆっくり慎重におこなうようにしてください。

 

上記の5つは、当てはまれば当てはまるほど、ヘルニアである可能性が高いです。

ただ冒頭でも言いましたが、確定診断には至らないため、沢山当てはまる方は速やかに大きな病院で詳しく検査をするようにしてください。

 

結果が分かり、診断が確定出来れば、当院では非常に効率のいい施術が出来ます。

診断が確定出来ない状態で施術をしていく場合というのは、様々な可能性を考えながら施術をしていかなければいけないため、効率が悪くなかなか結果に結びつかないことがあります。

ですから上記の項目に当てはまる方は、まずは病院へ行くようにしましょう。

 

上記のことやヘルニアのことで、分からないことがある方は、いつでも聞いてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL