腰痛改善のカギ

腰痛の施術で最も大切なのが、動きの連動性を出すということです。

特に腰まわりの動きは、腰の骨(腰椎)と骨盤と股関節の3つが連動して動きます。

特にその中で最も動きの範囲が広いのは、股関節です。

ですから、ご自身でセルフケアをされる場合は、お尻や股関節を意識したセルフケアを選択していただけると、腰痛改善への近道となります。

腰痛改善のカギとなるのは、股関節の可動域ということになります。

 

腰が痛いのに、お尻や股関節?

と思われる方も沢山いらっしゃるかと思いますが、腰痛において腰が張るということは原因ではなく結果に過ぎません。

結果の部分をいくらケアしても、原因の部分には辿り着けません。

結果に対するケアの典型例は、一般的な整骨院・整体院での施術です。

その時は良くなるけどしばらくすると元に戻るという経験はないでしょうか?

原因に対してのアプローチが出来ていないと、そのようなことが起きます。

 

私の友人が東京の新宿で腰痛専門の整体院をやっているのですが、その友人も腰痛の施術において最も大事なのが股関節だと言います。

最近では、腰痛専門なのに腰は一切触らずに施術をしています。

それでバンバン結果を出し続けています。

ですから、一度騙されたと思って、お尻や股関節のケアを続けてやってみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL