腰痛の際の座り方

本日は、腰痛の際の座り方についてお話いたします。

腰痛の方は、腰の骨や骨盤の骨の周りの筋肉が硬くなっていることが多く、動きが悪くなっていることが多いです。

そのような状態のまま、座っている姿勢が長くなってしまうと痛みが出やすくなります。

特にソファなどの沈み込むようなタイプの椅子に関しては、特に注意が必要です。

 

人間の身体は、背骨がS字に湾曲し骨盤が軽く前に傾いているのが正常な状態です。

そもそも座っている姿勢というのが、S字の湾曲の部分に負荷がかかり、骨盤が後ろに倒れている状態になります。

ソファなどの沈み込む椅子に関して言うと、より体重がかかり、その状態がより強くなっています。

しかも沈み込む椅子は、立ち上がる時にも腰に物凄い負荷がかかってしまいます。

 

腰痛がある際には、もちろんソファなどの沈み込む椅子に座るのは控えていただきたいですし、腰痛がなくても、腰を支える筋肉に硬さや筋力低下が起きている場合には、極力ソファなどの沈み込む椅子には座らないようにしていただければと思います。

日常生活での腰痛のリスクを避けるために、日頃からの座り方などの生活習慣を変えられると腰痛のリスクはとても低くなります。

腰痛をお持ちの方は、何をするにも常に腰のことを考えて生活していただけるといいかと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL