腰痛の施術で大事なこと

ソース画像を表示

腰痛に悩む日本人の割合は、約10人に1人だそうです。

腰痛の原因は様々なものがありますが、様々な原因の全てを合わせると、日本人の約90%が一生に一度は腰痛を経験するとも言われています。

ですから腰痛は、日本人にとって国民病と言っても過言ではありません。

 

そんな国民病の腰痛ですが、様々な場所で様々な施術が行われます。

ですが残念ながら、多くの場所での施術で、効果が一時的なものだったり、効果を感じないということが多いというのが現実です。

腰痛の施術において、効果が出るか出ないかのポイントは、患部(腰だけ)を施術するか、患部(腰)以外も施術するかです。

患部だけを施術する場合は、大半が一時的な効果(施術が上手な場合)か、効果が出ない(施術が下手な場合)かです。

腰痛において、症状を訴えている場所というのは、結果の部分です。

結果的にそこに痛みや張りを感じているというだけなので、患部だけの施術では、原因の部分にはアプローチかけれていない状態になりますので、そりゃあ改善には繋がりません。

いわゆる不十分な施術になってしまうのです。

 

患部以外の施術でも、かなり遠回りをしてしまう施術をされる先生もおられますので、一概に患部以外の施術をするのが全て症状の変化・改善が出来るというわけではありません。

見極めについては難しいかもしれませんが、様々な施術の場所があるからこそ、自分に合うやり方の先生を探して施術に行かれるといいかと思います。

様々な整骨院・整体院などのホームページやチラシをよくチェックするのですが、熊本にも突っ込みどころ満載な先生がとても多くおられます。

こんな施術、こんな先生はどうなんだ?という疑問も、私の豊富な経験に基づき本音でお答えしますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

上記のことで、分からないことがあれば。いつでもお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL