病院での手術で再発する理由

当院は、重症な症状の方を専門的に診させていただくので、様々な症状の方がいらっしゃいます。

ということは、今までに様々な施術を受けてきたという方が多く来られます。

病院で手術しかないと言われて手術をしたけど、再発して悪化してしまったとおっしゃる方や、ご身内の方が同じようなことになってしまったため、絶対手術はしたくないとおっしゃる方など、手術に対しての嫌悪感はみなさんお持ちだと思います。

手術=良くなる

という説明をされるのに、なぜ手術をしても症状が再発してしまうのでしょうか?

 

それは、手術が根本的な改善に繋がらないからです。

腰痛で手術を選択する時は、重症な腰痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など)の場合です。

その中でも、椎間板ヘルニアの場合は、高確率で手術を勧められます。

ですから、椎間板ヘルニアを例にとってお話いたします。

 

椎間板ヘルニアというのは、腰の骨の間の椎間板と呼ばれるクッションのようなものが飛び出してしまい神経に触れて強い症状が出てしまうというものです。

病院の考えは、

飛び出したものを削れば症状は改善するでしょ?

という感じです。

だから手術を勧めるのです。

ですが、飛び出して神経に触れて症状が出るということは結果論に過ぎないのです。

なぜそうなった?

ということが改善しない限り、いくら手術をして飛び出したところを削っても、同じことの繰り返しになってしまいます。

病院での手術は、なぜそうなっているかが改善出来ないため、再発してしまうのです。

 

実際に当院の施術では、なぜそうなった?という部分を改善させていく施術をしていきます。

ですからほとんどの方が、椎間板が飛び出しているという結果は変わらないのですが、症状が改善していくということが起こります。

以前、同業者である理学療法士の方が重度の椎間板ヘルニアになられて当院で施術を受けておられたのですが、手術をせずに症状が改善したことに非常に驚かれておりました。

 

当院は、常識を超える施術、同業者も驚くような施術を提供できるよう日々精進しております。

お困りの方は、まずはお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL