改善出来るか出来ないかを決めるポイント(腰痛編)

様々な施術を受けてもなかなか腰痛が改善しない方の特徴として、腰ばかり施術されているというのがあります。

このブログでも何回も申し上げていますが、腰痛における腰の張りというのは、結果に過ぎません。

腰ばかりの施術というのは、その時だけのいわゆる一時的な症状の変化が起きればいい方です。

根本的に改善させたい、再発させたくないといったことをお思いでしたら、腰だけの施術をするところは行かないようにするのがいいかと思います。

そもそも、効果の出ない施術は受け続ける必要がありません。

効果が出ない施術は、何回やっても効果が出ませんし続けたからと言って効果が出るというのは限りなくゼロに近いと思います。

ですから、初めて行く場所に関しては、ご自身で何回までに効果が出なかったらそこで終わりと決めた状態で施術に行くのがいいかと思います。

腰痛における効果が出る施術というのは、腰以外の施術をすることです。

特に股関節やお尻の施術をするところは、改善させられる可能性が非常に高いと思います。

実際に私の友人の先生は、東京の新宿で腰痛専門の整体院をしているのですが、腰の施術はほとんどせずに、股関節とお尻の施術を重点的にして高い施術の効果を出し続けています。

腰以外を施術してくれるかということを、判断する上での基準にしていただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL