坐骨神経痛も改善します

本日は、坐骨神経痛についてお話させていただきます。

風邪の中に、頭痛・鼻水・発熱などがあるように、坐骨神経痛にも元々の原因となっているものがあります。

そのほとんどが、椎間板ヘルニアだったり脊柱管狭窄症だったりします。

椎間板ヘルニアにしても、脊柱管狭窄症にしても、腰の骨の動きの悪さにより起きることが大半です。

腰の骨の動きの悪さから、筋肉の硬さが生まれ、それが広がり、様々な症状を引き起こしてしまいます。

坐骨神経痛の症状の特徴は、痺れや痛みが腰やお尻、ももの裏やふくらはぎに起きるということです。

症状によって程度が違うのですが、ひどい症状の方は歩くのもままならない状態になってしまいます。

放っておいて治るという方は稀で、放っておくと症状が進行していくことがほとんどです。

当院では、坐骨神経痛の方の治療も得意としております。

どこに行っても良くならなかった方が、当院の治療で改善したということが多くあります。

坐骨神経痛でお困りの方や、周りで困っている方がいらっしゃる方は、お気軽に当院までご相談ください。

 

痛みや痺れから解放されたら、あなたは何をしたいですか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL