坐骨神経痛の真実

ソース画像を表示

坐骨神経痛とは、あくまでも症状の1つに過ぎません。

どういうことかと言いますと、坐骨神経痛は風邪で例えると、鼻水や咳や熱や喉が痛いという症状の1つということです。

つまり坐骨神経痛にも、風邪のように大きく分ける何かがあるということです。

何かがあるから坐骨神経痛になっていると言うと分かりやすいかと思います。

その何かというのが、多くが椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症のようなものです。

そのため坐骨神経痛と診断された方には、おおもとの何かがありますし、ヘルニアや狭窄症と診断された方には、坐骨神経痛の症状が出る可能性がとても高いということが言えます。

 

多くの整形外科や整骨院や整体院での施術では、坐骨神経痛に対しての施術しか出来ていません。

それは、整形外科では時間の都合上そこまでやる余裕がないからで、整骨院や整体院では上記で述べていることについての理解が足りていないからです。

理解が足りていないと、結果が伴いません。

結果が出たとしても、一時的な結果ということがほとんどです。

結果を出せる施術というのは、症状に対しての施術はもちろん、おおもとの部分に対しての施術が出来る施術です。

それが出来ると、再発の可能性が非常に低くなりますし、万が一再発したとしても軽傷で済むケースがほとんどです。

当院では、その2つの施術を同時進行でやっていきます。

それが出来るため、高い改善率・低い再発率ということが達成出来ているのです。

 

実際に施術を受けていただけると、他との違いを感じていただけます。

結果にこだわり施術をしていますので、坐骨神経痛でお悩みの方は、是非お問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL