坐骨神経痛の特徴

坐骨神経痛という名前は、みなさん聞いたことがあると思います。

これは、お尻の深い所を通っている坐骨神経という人間の体の中で一番太い神経(小指くらいの太さがあります)が、様々な要因により刺激を受けてしまい、お尻や足に症状を出してしまうというものです。

一般的な坐骨神経痛の症状の出方をお伝えいたします。

 

1、腰痛が起きる

2、お尻に違和感を感じる

3、もも裏の外側に違和感を感じる

4、ふくらはぎに違和感を感じる

5、上記の場所の違和感が、次第に痛みや痺れになる

 

大まかに言うと、こんな感じで症状が変化していくことがとても多いです。

このような症状が出てしまった場合は、放っておいて改善していくなんてことはありえません。

一度症状が出てしまって放っておくと、症状が悪化していくだけです。

 

そもそも、坐骨神経になってしまう方というのは、根本的な部分に原因がありそれが改善しなければまず良くなりません。

私は、坐骨神経痛が良くなる術を知っています。

お困りの方は、ご相談だけでも構いませんので、ご連絡いただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL