坐骨神経痛に対しての理解

ソース画像を表示

本日は、坐骨神経痛についてお話いたします。

坐骨神経痛という言葉は、聞いたことがある方が多いかと思います。

名前は聞いたことがあるけれど、どういうものなのかは分からない方が多いと思いますので、本日はそれをお話いたします。

 

坐骨神経痛とは、お尻の深い部分を通っている坐骨神経という神経が、周りの筋肉の硬さなどから刺激を受けてしまい、お尻や足に痛みや痺れなどの症状が出るというものです。

坐骨神経は、人間の身体の中で一番太い神経で、小指くらいの太さがあります。

太い神経だからこそ、周りの硬さなどにとても影響されやすく、症状もしつこく強く出てしまうことが多いのです。

その症状自体も人によって様々で、重症化してしまうと強い痛みや痺れにより、歩くことや日常生活の動作が困難になってしまう方もおられます。

坐骨神経痛の方で、坐骨神経痛だけの症状が出ている方というのは、非常に稀です。

もともと腰痛がある方や、腰椎椎間板ヘルニアの方、脊柱管狭窄症の方など、腰に何かしらの症状がある方の1つの症状として、坐骨神経痛があるということが非常に多いのです。

ですから、坐骨神経痛を改善させようとするのなら、お尻の筋肉の硬さをとり柔らかくしていくような施術だけですと、非常に不十分だと言えてしまいます。

多くの整骨院や整体院の施術では、そのような施術が行われています。

それが、坐骨神経痛の症状がどこに行っても改善しない大きな理由と言えるのです。

そもそも、坐骨神経痛はお尻の筋肉の硬さが原因と冒頭でも申し上げましたが、なぜお尻の筋肉が硬くなってしまうのか?という部分の理解がないと、いつまで経っても症状は改善させられません。

当院の施術が、多くの方の坐骨神経痛の症状を改善させてきたのは、そこの部分に対しての理解があり、そこの部分に対して的確なアプローチが出来ることにあります。

 

当院では、とにかく症状を変化させることを目標に、施術をしていきます。

変化を繰り返すことにより、症状は改善に向かっていくからです。

坐骨神経痛でお悩みの方、どこに行っても坐骨神経痛の症状が改善してこなかった方、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は、LINEを使っていただけるとスムーズにやり取り出来ますので、LINEをご活用ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL