坐骨神経痛とは身体の中でどのようなことが起きているのか?

ソース画像を表示

坐骨神経痛という言葉は、ほとんどの方が聞いたことがあると思います。

本日は、坐骨神経痛とは身体の中でどのようなことが起きているのかについてお話いたします。

 

まず坐骨神経とは、人間の身体の中の神経で、最も太い神経です。

小指くらいの太さがあります。

ですから、様々な要因の中で圧迫されたり、刺激を受けやすい神経だということが言えます。

 

坐骨神経がどこにあるかですが、お尻のとても深い所にあります。

お尻の表面に、大臀筋というお尻の大きな筋肉があります。

その奥(手で触れないほど深い所)に梨状筋という筋肉があります。

その梨状筋のさらに奥に小指くらいの太さの坐骨神経があります。

お尻のすごく深い所に、小指くらいの太い神経があるんだなと何となく想像していただければと思います。

 

坐骨神経が、周りの筋肉の硬さなどの様々な要因から刺激を受けてしまい、お尻や足に症状が出てしまうのが、坐骨神経痛です。

坐骨神経痛になってしまうのにも、必ず原因があります。

筋肉の硬さなどにより、坐骨神経自体が、圧迫や刺激を受けているというのが一番の原因だと考えられています。

ここまでは、どこの整形外科や整骨院や整体院でも説明出来ることです。

なぜそうなってしまうのか?

ここに対しての理解があるかないかで、施術により症状を変化させ、改善させられるかが決まってくるのです。

多くの整骨院・整体院の先生たちで、坐骨神経痛の施術に対して苦手意識を持っていて、施術の効果が出ない先生方は、なぜそうなってしまうのかが分かっていないということです。

そのような先生方を例えるなら、チャーハンの作り方は知っているのに、ご飯の炊き方が分かっていないようなものです。

 

当院が坐骨神経痛の施術で、高い改善率、低い再発率を誇る理由は、なぜ坐骨神経痛になってしまうのか?という部分を明確に理解しているため、そうならないように施術をしていけるからです。

症状の改善はもちろん、再発を防ぐということが、私が最もやらなければいけないことだと思っています。

どこに行っても症状が改善しない方、何度も何度も坐骨神経痛を繰り返している方、良くならなさすぎて諦めてしまっている方、一度私の施術を検討されませんか?

私の施術の効果に関しては、Googleのクチコミを参考にしてください。

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にこちらのLINEからお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、折り返しに時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL