ヘルニアは自然に良くなることがあるのか?

ソース画像を表示

首でも腰でも、ヘルニアと診断されると良くなるのか不安になりますよね?

病院へ行くと、レントゲンやMRIの画像診断にて、ヘルニアとの診断を受けます。

(※厳密に言うと、レントゲンでは骨しか写らないため、ヘルニアかどうかは分かりません。レントゲンのみでヘルニアと診断される先生は、適当に仕事をやってらっしゃる方が大半で、ごく一部の方が圧倒的な経験値の中でレントゲンの画像を見ただけで分かるという方になります。)

 

多くの病院のやり方としては、

1、多くが画像診断でヘルニアと診断

2、まずはシップと痛み止めで様子を見る

3、痛み止めが効かなければ、痛み止めを強いものにするorブロック注射

4、手術

このような流れで施術をしていきます。

 

そして、多くの整体院・整骨院のやり方としては、

1、画像診断が出来ないため、問診時の情報を元にヘルニアと仮定する

2、痛み止めを処方出来ないため、筋肉をマッサージするくらいしか出来ない

3、症状がなかなか変わらないor悪化する場合は、諦めて医療機関を受診させる

このような流れで施術をしていきます。

 

受けるなら効果のある施術を受けたいと思うと思いますし、出来れば手術をすることなく、ヘルニアによる痛みや痺れを改善させたいですよね?

 

かなり個人差があることなのですが、ヘルニアは6ヶ月前後で自然と良くなっていくと言われています。

自然に良くなっていく過程としては、飛び出してしまった椎間板をマクロファージという細胞が食べてくれるということが起きるようです。

※これに関しては諸説ありです。

ただ、様々なヘルニアの方の施術をしていると、日常生活の過ごし方が症状を改善させることにとても影響していると思います。

個人差は出るのですが、このマクロファージのおかげで、自然に改善していくことがあります。

ただ、マクロファージ頼りにするだけですと、時間がどれだけかかるか全く見当もつきません。

では、どうすればよいのでしょうか?

 

最短で症状を改善させるポイントとしましては、

病院でMRIを撮ってもらい、痛み止めの薬をもらう

信頼できる整骨院や整体院へ行き、硬くなっている筋肉を柔らかくしてもらう

腰に負担がかかることは、極力避ける(前屈や後屈、長時間の座りっぱなしなど)

無理のない範囲で運動をする

 

この4つのポイントをしっかりやっていただくことが、最短での症状の改善への近道と言えます。

 

上記の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。

明日から天気が不安定な日が続きますので、みなさまくれぐれもご注意ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL