ヘルニアに対しての施術の問題点

ヘルニアと診断されると、熊本のほとんどの病院では第一選択として手術という選択肢を言われます。

果たして、手術をしたからといって、ヘルニアの症状が改善するのでしょうか?

答えはNoです。

手術後、しばらくは症状が軽減しているかもしれません。

ですがヘルニアの、いわゆる椎間板が飛び出して神経に触れているということに関しては「結果」の話なので、そうなってしまう「過程」の部分に対してのアプローチが何も出来ていない手術に関しては、根本的に改善させることは出来ません。

ですから、手術をしても再発してしまう方が非常に多いですし、手術をしても何も変わらないという方だっています。

 

当院での施術は、手術をしなくても症状が改善することが非常に多いです。

それは「過程」の部分、いわゆるなぜそうなってしまっているか?の部分に対しての施術が出来ているからです。

ほとんどの整骨院・整体院での施術でも、「結果」の部分に対しての施術しか行われておりません。

「過程」の部分に対して施術が出来るということが、私の強みになります。

 

このことは、頚椎のヘルニアでも腰椎のヘルニアでも全く同じことが言えます。

首でも腰でもヘルニアと診断されて、何をやっても施術の効果を感じない方は、「結果」に対してしか施術がされていない可能性が高いです。

是非、「過程」の部分に対して施術が出来るところへ施術に行きましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL