ヘルニアってそもそも何なのか?

椎間板ヘルニアと診断された40代女性の当院でのケース | PLDD治療の郡山青藍病院

首でも腰でも、病院でヘルニアと診断されると、大体の説明はしてもらえます。

撮ったMRIの画像をお医者様と一緒に見ながら説明をしてもらえるわけですが、ヘルニアと言われる患者さん側の目線に立つと、ヘルニアと言われたことに対しての動揺と先々の様々なことに対しての不安から、正直お医者様の話は全くといっていいほど頭に入ってこないと思います。

ですから、ヘルニアがどのようになっていて、どんなリスクがあるのか?ということは、あまり知られていないことが多い傾向にありますので、本日はそれについてお話いたします。

 

そもそもヘルニアとは、骨と骨の間にある椎間板というクッションの役割をしているものが、元々ある場所からはみ出してしまい、後方にある神経を圧迫してしまっている状態のことです。

首のヘルニアの方は、首で下記の画像のような状態になっており、腰のヘルニアの方は、腰で下記の画像のようになっています。

椎間板ヘルニア (ついかんばんへるにあ) | 済生会

首も腰も起こりやすい場所がありますし、ヘルニアには根本的な原因の部分がありますので、当院の施術では結果に対しての施術と原因に対しての施術を同時に行っていきます。

そのため、症状の変化は早い段階で起きることが多いですし、改善した時に再発させないという部分も達成可能になります。

当院がどのような施術をするのか?ということは、言える範囲でまた次の機会にお話いたします。

 

話を戻しますが、ヘルニアの症状としては、腰痛・下半身の痛みや痺れが特徴です。

多くの方は、その状態で病院へ行き、椎間板ヘルニアと診断されるわけです。

その先の症状。

いわゆる重症化した際の症状というのは、教えてもらえないことが多いですし、みなさんそこが不安な部分だと思います。

重症化してしまうと、

我慢出来ないほどの強烈な痛みや痺れ

足に力が入らなくなる

感覚が鈍くなる

排尿障害(おしっこが出ない)

排便障害(うんちが出ない)

という症状が出てしまいます。

重症化する方の特徴としては、元々出ていた腰痛や下半身の痛みや痺れというのが、時間が経つと一旦落ち着いていきます。

そうすると、良くなったと勘違いしてしまいますので、普通に日常生活を送るようになります。

そして安心し、忘れたころに上記で挙げたとんでもない症状がやってくるということです。

 

首も腰もヘルニアというのは、早い段階での施術が重症化を防いだり症状を長引かせないために、重要なことになります。

ヘルニアと診断された方は、出来る限り早急に対処していただければと思います。

その際、当院を選んでいただけるのであれば、症状改善のために全てを注ぎ施術させていただきます。

 

上記のことで、ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL