ぎっくり腰はクセになる

ソース画像を表示

ぎっくり腰はクセになる。

このフレーズを言われたことや、聞いたことはありませんか?

整形外科や整骨院や整体院では、決まり文句のように言われるフレーズですが、ある条件があればクセになることもありますが、ある条件がクリアできると、クセにはならないということはご存知ですか?

 

多くのぎっくり腰の方は、クセになるからしょうがないという風に思ってらっしゃいます。

漠然と「クセになっている」という言葉で片付けられてしまうので、なぜそうなってしまうのか?や、どうすればそうならないか?ということが分からずに、結果的に繰り返しているという方がとても多いです。

なぜ?の部分が、上記で言いました”ある条件”の部分ですので、それが分かることで繰り返さなくなりますし、万が一再発したとしても重症化はしないという風になっていきます。

 

その、なぜ?の部分、”ある条件”の部分とは、腸腰筋という筋肉の硬さです。

いわゆるクセになっている方、繰り返してしまう方というのは、腸腰筋という筋肉が硬いです。

腸腰筋という筋肉は、腰周りの動きの中で非常に重要な筋肉で、腸腰筋の硬さというのは、様々なことに悪影響を与えてしまうのです。

その悪影響の代表例は、動きの連動性の悪さです。

腰周りの動きが連動しないことで、腰に張りが起き、それがぎっくり腰のような重症な腰痛へと繋がっていきます。

腸腰筋という筋肉は、腰周りの連動性の中で最も重要な筋肉と言っても過言ではないくらい重要な筋肉になります。

 

腸腰筋は、手で触れないくらい深い場所にある筋肉です。

ですから筋肉の構造上、マッサージで硬さに対してアプローチすることは不可能ですので、セルフケアにより硬さに対してアプローチしていただければと思います。

もちろんセルフケアのやり方に関しても、しっかりとお伝えします。

施術とセルフケアを同時進行でやることで、症状を最短で改善させるということが達成可能になります。

症状を最短で改善出来るよう、一緒に取り組んでいきましょう。

 

上記のことでご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL