食べないダイエットの弊害

本日は、久しぶりにダイエットについてお話いたします。

その中でも、食べないダイエットの弊害についてお話いたします。

食べないダイエットは、確かに体重はすぐ落ちるかもしれません。

ですが、弊害が多すぎてオススメ出来ません。

 

その弊害とは、

低栄養

摂食障害

拒食症

身体の未発達

生理不順

などがあります。

 

1、糖質不足による弊害

糖質は、身体にとっても脳にとっても最も重要なエネルギー源です。

人間の身体は、糖質不足でエネルギー源がないことを感じると、不足している糖質の代わりに筋肉をエネルギー源にして行動をしてしまいます。

赤血球が上手く成長しないことにより、貧血を起こしたり、酸素運搬能力の低下により頭痛や冷えを感じるようにもなります。

 

2、たんぱく質不足による弊害

たんぱく質不足だと、筋肉が減っていきます。

髪や爪や肌のハリがなくなったり、代謝が下がったり、むくみやすくなったりします。

 

3、ビタミン不足による弊害

ビタミン不足だと、代謝が落ちます。

脂肪を燃やすためにもビタミンは必要なので、脂肪も燃焼しにくくなります。

 

4、ミネラル不足による弊害

ミネラル不足だと、貧血や冷え性、慢性的な頭痛や代謝の低下を招きます。

他にも、肌荒れを起こしたり、怒りやすくなったりもします。

 

ダイエットの際は、カロリーの制限をすることが多いため、いつもよりも質の高い食事をすることを心がけましょう。

不足する栄養素は、サプリメントで補うなど、工夫して楽しんでダイエットをやっていきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL