たんぱく質が最も痩せやすい

本日は、代謝を上げる食べ物「たんぱく質」についてお話いたします。

 

1日の消費エネルギーの内訳として、

基礎代謝(生きてるだけで消費している部分)→60%

活動時代謝(動いて消費する部分)→30%

食事誘発性熱産生(食事をしたことにより消費される部分)→10%

このような感じです。

 

この中でも本日は、食事誘発性熱産生についてお伝えいたします。

みなさんは食事をした後に、身体が温かくなる経験ありますよね?

あの現象が食事誘発性熱産生です。

これは、

摂取したものを消化・吸収

食べ物を咀嚼する

この2つが影響しています。

 

糖質・脂質・たんぱく質の3大栄養素のうち、たんぱく質が最も食事誘発性熱産生が高くなります。

これは、たんぱく質は複雑な構造を持ち、唯一窒素を含んでいるからです。

 

たんぱく質を代謝するためには、ビタミンB6が必要です。

ビタミンB6は、

マグロ・鮭・レバー・カツオ

に多く含まれます。

 

たんぱく質の消化をサポートしてくれるのは、

梅干し・レモン・酢

などの酸性の食品です。

 

たんぱく質を多く含む食材を摂る時は、ビタミンB6を多く含む食材と一緒にかつ、消化をサポートしてくれる酸性の食材を一緒に摂り、かつよく噛んで食べるようにしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL