外反母趾の理由の認識や解釈が間違っていることが多い

圧倒的に女性に多い外反母趾ですが、みなさんは何が原因か知っていますか?

原因の部分については、整骨院の先生や整体院の先生のように、施術を仕事としてやっている人でも知らない人がほとんどです。

というよりも、間違った解釈、間違った認識の方がほとんどと言った方が正しい表現です。

 

原因についてのほとんどの方の解釈・認識は、ヒールやパンプスなどで、つま先に荷重がかかり続けてしまうことにより足の指が変形してしまい、痛みが出ていると思ってらっしゃいます。

この解釈・認識は、間違いではありません。

ですが、インターネットで調べたレベルの浅い知識という感じになります。

冒頭で、外反母趾は圧倒的に女性が多いと言いましたが、男性でも外反母趾は起こります。

上記のようなことが原因だとすると、男性はヒールやパンプスを履かない方が大半なので、どう説明するのでしょうね。

上記のようなことが原因だと思ってらっしゃる方の施術は、決まって簡易的なテーピングです。

しかも、足の親指を外側に開くようにすればいいと思ってらっしゃる方が大半なので、インターネットで調べた簡易的なテーピングで足の親指が外側に開くようなことをし、ドラッグストアにも売っているような簡易的な装具を、親指と人差し指の間に着けさせるということをしてしまいがちです。

実際に7~8年前の私も、接骨院で外反母趾で困ってらっしゃる方に対して、そのような施術しか出来ませんでした。

 

現在私の妻が、足の痛みや不調に特化した「整足院」というのを、にしむら整体院と同じ建物内でやっています。

妻の施術は、特に外反母趾の根本的な原因の部分に対してアプローチをしていき、足の機能を向上させることにより痛みや不調を解消させていくというやり方です。

まだ日本に数名しかいない「整足セラピスト」という資格を取得していますので、足の症状のスペシャリストとして、施術をしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

外反母趾の方は、こちらから直接整足院にご連絡いただいても構いませんし、こちらから私に言っていただいても結構です。

外反母趾で手術をしたくない方、どこに行っても症状の変化がなかった方や、外反母趾は改善しないと思ってらっしゃる方は、まずは上記のホームページを見ていただければと思います。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL